猫の猫による猫のためのキャットフード選び

カナガンの悪評を徹底調査!その真相を教えちゃいます

 
  2018/09/07
 
カナガン 悪評
この記事を書いている人 - WRITER -

愛猫家なら一度は『カナガン』という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

そんなキャットフードの中でも人気があるカナガンですが、悪評が多いという噂も・・・。

そのため「カナガンに切り替えてみたいけど、悪評が気になって迷っている」なんて飼い主さんも多いようなんです。

そこで、今回はカナガンの悪評について徹底調査してきたことをご紹介していこうと思います!

かわいいネコちゃんのためにも、悪評の真相についてしっかり見ていきましょう。

ネコちゃんに優しいカナガンの3つの特徴

カナガン 悪評

カナガンの悪評を紹介する前に、カナガンの3つの特徴についてお話していきたいと思います!

ネコちゃんの体に優しいと人気のカナガンには、こんな特徴があるんですよ。

商品名 カナガン(CANAGAN)
内容量 1.5kg
価格 3,564円

グレインフリー(穀物不使用)で体に優しい

まず1つ目は、ネコちゃんの体に優しいグレインフリー(穀物不使用)であることです。

ネコちゃんは、完全な肉食動物なので穀物の分解が得意ではありません。

そのため、トウモロコシや小麦、大麦などを摂取してしまうと、消化器官の異常や皮膚のトラブルなどさまざまな病気に繋がってしまいます。

しかし、一般的なキャットフードには、コスト削減のために大量の穀物が含まれているのが現実です。

でも、カナガンならグレインフリーだからネコちゃんの体にとっても優しく、安心して毎日食べさせることができますよ!

厳選された高品質の食材

カナガンの2つ目の特徴は、人間が食べられる高品質な食材のみを使用しているところです。

どんな食材が含まれているのか、まとめてみたのでご覧ください!

チキン たんぱく質・ビタミン・リン・セレンを豊富に含んでいる新鮮な生肉を使用。

ネコちゃんの健康・元気を維持してくれる。

サツマイモ 消化が良く、時間をかけて吸収されていくので、動き回るネコちゃんに負担がかからない。
海藻 栄養価が高く、ミネラルが豊富だから健康を維持してくれる。

ヨウ素も含まれているので、代謝を安定させ体を守る。

クランベリー ビタミンCを豊富に含んでいるから、健康的な体を保ってくれる。
マリーゴールド 免疫力を保つ効果があり、若々しい体を維持する。
カモミール リフレッシュ効果でネコちゃんのストレスを緩和。

快適な毎日のサポートをしてくれる。

他にもたくさんの食材が配合されているのですが、これだけでもかなり体に良いことがわかりますよね。

カナガンはネコちゃんの体に嬉しいものばかり配合されているため、毎日の健康をキープしてくれるでしょう。

徹底した品質管理で安心・安全

3つ目の特徴は、徹底した品質管理です。

カナガンは、イギリスのペットフード専門の工場で生産されています。

しかも、欧州ペットフード工業会連合の厳しい基準をクリアしたことで、ペットフード業界から高い評価と信頼を集めている施設なんです。

さらに、お客様にいつでも新鮮で高品質なフードを提供するため、一度に大量生産せず少量をこまめに作るというこだわりぶり!

特に、日本のお客様に届ける際は、注文を受けてから作っているので新鮮なフードをネコちゃんに食べさせてあげることができるんですよ。

カナガンの悪評について調べてみた!

カナガン 悪評

それでは、本題のカナガンの悪評についてお話していきましょう。

ネコちゃんにカナガンを購入しようと考えている飼い主さんは、必見ですよ!

カナガンの口コミにあった悪評を紹介

それでは実際にカナガンの口コミにあった悪評を見ていきましょう。

ネコちゃんの体に良いものばかり使っている+100%のネコちゃんが食べるって聞いたので購入してみました。

開けてみるとニオイがキツイ。これは食べるのか?って感じでした。

実際にうちの子にあげてみると、少し食べましたが食いつきが悪い。

これじゃ今までのごはんのほうが、しっかり食べてくれていました。

100%のネコちゃんが~って言っているわりに、期待外れでガッカリです。

ちょうど今食べているフードに飽きてきてたので、カナガンに替えてみようと思い購入。

やはり慣れていないからか、まぁまぁの食いつきでした。

試しに今までのごはんを隣に並べてみたら、迷うことなく今までのごはんに食いついていったので、カナガンじゃなくてもいいのかなって感じです。

好き嫌いが激しいうちの子でもカナガンなら食べてくれるかな?と思って購入したのですが、全然ダメでした。

ニオイなんて食べさせてもいいのか?と悩むくらい強くて・・・。

健康に良いっていうのも、嘘なんじゃないか?って疑ってしまうほどでした。

うちの子を考えたら、もう二度と食べさせたくない商品です。

悪評を調査したところ「ニオイ」や「食いつきが悪い」というものが多い印象でした。

高い評価の口コミもたくさん!

口コミにあったカナガンの悪評を紹介しましたが、高い評価もたくさんありました。

では、どんな高評価の口コミがあったのか見ていきましょう!

友人にカナガンを勧められたので、うちの子にもあげてみようと思い購入。

初めは慣れていないせいか食いつきが悪かったのですが、何日か続けているとものすごい勢いで食べるように(笑)

しかも、カナガンを食べるようになってから毛並みがキレイになってきてびっくり!

もしかしたら、今までのごはんがあまり良いものではなかったのかな?と少し反省しました。

これからも健康のために、カナガンを食べさせていこうと思います!

気になっていたカナガンが届いたので、すぐに開封。

 

「え、めっちゃニオイ強いじゃん」というのが第一印象でした。

でも、ネコちゃんにはいいニオイなのかすごい食いつき(笑)

しかもカナガンのおかげなのか、おやつを食べる頻度も少なくなってきたので、太り気味な我が子にはピッタリのごはんです!

グレインフリーのごはんを探しているときカナガンに出会いました。

 

 

カナガンに切り替えてから、毛並みも良し・便通も良しで良いことばかり!

今までのごはんがどれだけ負担をかけていたのか考えると、すごく申し訳ない気持ちになるほどです。

ネコちゃんを飼っている友人にも、本当にネコちゃんの健康を考えるならカナガンに替えたほうがいいと勧めたいと思います。

先ほどの悪評とは反対に「食いつきが良い」という口コミが多く見られました。

そして、ニオイに関する口コミもありましたが、人間からするときついニオイなのかもしれませんが、ネコちゃんにとってはそれが食欲をそそるニオイのようです。

さらに、高評価の口コミでは「毛並みがキレイになった」「便秘が治った」なども多くありました。

やはり、ネコちゃんの体にいいものばかり配合されているので、体のトラブルが改善されているのでしょう。

悪評の真相

カナガンの悪評について調査していると、ほとんどのネコちゃんが「食の好み」と「切り替え方法」が原因で食べないということがわかりました。

ネコちゃんも私たち人間と同じく、好き嫌いがあります。

ですから、カナガンを嫌いと思ってしまうネコちゃんがいても仕方がありません。

ただ、カナガンを食べないという方の中には「切り替え方法」を間違っている飼い主さんもいました。

カナガンは注意書きにも書いてあるように「食べ慣れているフードに少量のカナガンを混ぜてゆっくり慣れさせる」ことが大切です。

実際に悪評を書いた後に「正しい切り替え方法で与えたら食べるようになった」という方もたくさんいたので、切り替え方には気を付けるようにしましょう。

カナガンの購入は公式サイトがおすすめ!

 

カナガン 悪評

それでは最後に、カナガンの購入方法についてお話ししようと思います。

購入するときの注意点、お得に買う方法を紹介していくので参考にしてみてくださいね!

有名通販サイトでの購入は危険!?

カナガンはAmazonなどの有名通販サイトからの購入も可能なのですが、公式サイト以外からの購入は大変危険なんです!

もちろん価格も注意してほしいのですが、一番危険なのは転売商品であること。

公式サイトからの購入は徹底された品質管理でとても安全なのですが、転売商品はどんな管理をされているのかわからないため信用できません。

ですから、かわいいネコちゃんのためにも公式サイト以外での購入は控えるようにしましょう。

公式サイトでお得に購入

カナガンを公式サイトから購入する際、お得に買う方法があるんですよ!

以下の価格をご覧ください。

通常価格(税抜) 3,960円
定期コース(税抜) 3,564円

これを見てわかるように、1回限りの通常価格で購入するよりも、定期コースで購入したほうがお得!

しかもまとめ買いなら最大20%OFFになるので、さらにお得に購入できちゃうんです。

お届け周期は自分で決めることができますし、違うフードに替えたくなったらいつでも解約できますよ。

カナガンをお得に購入できるのは、公式サイトの定期コースだけなのでぜひ試してみてくださいね!

まとめ

カナガンの悪評のほとんどは、切り替え方と好き嫌いが原因だということがわかったと思います。

せっかくカナガンを購入したのに「全然食べない」という場合は、正しい切り替え方法を試すようにしましょう。

カナガンはネコちゃんにとっても優しいキャットフードです。

ぜひ公式サイトからお得に購入して、ネコちゃんの健康を守ってあげてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -