猫の猫による猫のためのキャットフード選び

安全なキャットフードをなるべく安い価格で買う方法「おすすめの商品はコレ!」

 
  2018/09/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

猫ちゃんの健康を思うのならキャットフードは安全なものを食べさせたいですよね。

でも安全性に長けたキャットフードはそれだけいいものを原料に使っているわけで、ちょっと高い・・・

そんな安全と安さの2つに葛藤する飼い主の皆さんに、なるべく安く買える安全性の高いキャットフードをご紹介します。

安全で安いキャットフードの選び方

まずそもそも安全なキャットフードとはどのようなものなのか。

そしてなるべく安く購入するための秘訣をお伝えします。

ドライフードのほうがコスパが良く健康的

キャットフードを買うならウェットフードよりもドライフードのほうが断然お得です。

そんなのわかりきっていることかもしれませんが、保存が効かないため少量しか入っていないウェットフードよりも、保存が出来て一袋に何食分も入っているドライフードのほうがコスパが良くなります。

また、ドライフードは総合健康食品とされ、ウェットフードよりも猫に必要な栄養素がギュッと詰まっているんです。

ですから健康の面でもコスパの面でもドライフードをおすすめします。

無添加のキャットフードを選ぶ

人間の食事と同じで猫もなるべく添加物は避けたほうが安全です。そのため安全性の高いキャットフードは無添加で作られており、パッケージにも無添加であることが記載されています。

ちなみに特に猫の体に良くないとされる添加物が酸化防止剤や合成着色料です。

これらの添加物は市販で売っているキロ数百円のキャットフードにたくさん使われておりこのようなキャットフードを食べ続けると体の免疫力が弱まり、病気にかかりやすくなる可能性があるんです。

ですから安全性を気にするのなら無添加であることが絶対条件になります。

4Dミートがないか原材料を確認

4Dミートとは以下の4つの項目に当てはまる肉の略称です。猫が食べると腎機能が弱まるなどの健康被害のリスクが高まります。

「Dead=死んでいる」

「Dying=死にかけ」

「Diseased=病気持ち」

「Disabled=障害持ち」

4Dミートは安全性を気にする愛猫家の間では有名なチェックポイントです。市販のキャットフードを見ればすぐわかると思うのですが、原材料に「~ミール」や「家禽副産物」とかよく書かれています。

これこそ4Dミートのことで死肉とか書くとイメージが悪くなるからこのような記載方法でゴマ化してるんです。

ちなみにきちんと安全性を考慮したキャットフードは鶏肉(もも)、白身魚(サーモン)など明確に何の肉か書かれているので安心出来ます。

穀物不使用(グレインフリー)で下痢を防ぐ

穀物がキャットフードに含まれているかいないかも安全性を確認するうえで重要なポイントになります。

なぜグレインフリーがいいのかというと、穀物は猫にとって消化しにくい食材であり食べすぎると下痢や嘔吐をしてしまうんです。

それにもかかわらず市販のキャットフードにはコスパ重視で多くの食物繊維を配合するために穀物を配合している商品に溢れています。

ですから安全性を気にするなら、これからはグレインフリーかどうかも考慮に入れましょう。

安全なキャットフードを安く買うなら公式通販サイト!

皆さん、普段どこでキャットフードを買っていますか?スーパー?それとも今の時代、Amazon、楽天などの大手通販サイトでしょうか?

実はこれらすべて間違った購入場所です。

安全性が高いキャットフードをなるべく安く買うなら、その商品の公式通販サイトで買うのが一番お得になります。

多くの人がAmazonなどで買ってしまうのですが、1,000円以上損をしていて、公式通販サイトだと常に最大20%オフの割引価格で販売されているんです。

また、定期便でまとめ買いすると送料がタダになります。

ですからこれだ!と思う安全性の高いキャットフードを見つけたらまずは公式通販サイトを確認することをおすすめします。

安全性の高い通販限定キャットフードはこれ!

最後に通販で購入出来る安全性が高く、猫にも大好評のキャットフードを3商品ご紹介します。

お気に入りの商品をこの中から見つけてみませんか?

1位 カナガン

商品名 カナガン(CANAGAN)
内容量 1.5kg
価格 3,960円(通常価格)

3,564円(定期便)

※3個以上購入で送料無料&最大20%オフ

商品の特徴 ★チキン60%配合で飛びつく美味さ

★子猫からシニアまで対応

★添加物、穀物不使用で健康的

カナガンはイギリス産の安全・高品質なキャットフードになります。

実はキャットフードって日本産よりもイギリス産のほうがずっと安全なんです。なぜなら日本はペットフードの安全に対する知識や技術が世界に比べ遅れていて、逆に高いのがイギリスになります。

ですからカナガンは欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の基準をクリアしたペットフードなので、安心して猫ちゃんに与えることが出来ます。

またカナガンの特徴として猫の大好物の鶏肉を60%も配合しているので、食いつきが全然違うんです。食欲のない猫でも喜んで食べてくれます。

最後に肝心のお値段ですが、通常価格は1.5㎏:3,960円とちょっと気が引けてしまいますが、なんと20,000円以上まとめ買いすれば20%オフになるので、実質1㎏:2,112円にまで抑えることが出来ますよ。

2位 モグニャン

商品名 モグニャン
内容量 1.5kg
価格 3,960円(通常価格)

3,564円(定期便)

※3個以上購入で送料無料&最大20%オフ

商品の特徴 ★白身魚63%配合で魚好きにたまらない

★サーモンオイルでおいしそうな香りづけ

★添加物、穀物不使用で健康的

次に紹介するモグニャンもイギリス産のキャットフードで高い安全基準をクリアしている高品質な商品です。

商品の特徴はメイン原材料に白身魚を配合して、さらにサーモンオイルで香りづけしている点になります。

まさに魚好きの猫ちゃんにはたまらない一品です。猫によって好みは様々ですがモグニャンならどんな猫も喜んで食いついてくれますよ。

価格はカナガンと同じで公式通販サイトからなら最大20%オフの1㎏:2,112円のコスパで購入頂けます。

3位 シンプリー

商品名 シンプリー
内容量 1.5kg
価格 3,960円(通常価格)

3,564円(2回目以降)

※3個以上購入で送料無料&最大20%オフ

商品の特徴 ★白身魚73%を配合で高タンパク

★サーモンスープで食欲Up!

★添加物、穀物不使用で健康的

最後に紹介するのがイギリス産のキャットフード「シンプリー」です。

シンプリーの特徴はイギリスの動物栄養学者が監修のもと、より安全で健康的に作られている点になります。

例えばメイン原材料に白身魚を73%も配合することで、猫の元気の源であるタンパクを豊富に摂取することが出来るんです。

他には尿路結石のケアするキナ酸、毛玉を出しやすくするオリゴ糖など様々な栄養素が盛り込まれています。

お値段は通常価格3,960円、最大20%オフの2,112円で購入可能です。

まとめ

今まで安全性を気にしてはいたものの、高くて手が出せなかったという方も今回ご紹介した商品、購入方法なら少しでも財布の負担を減らせるのではないでしょうか?

確かに市販の数百円のキャットフードを見てしまうと高く感じてしまいますが、猫の健康を思うのなら奮発してみるのもいいでしょう。

それに安いキャットフードで病気になったら治療費でどの道、お金が吹き飛んでしまいます。

それよりだったらいつまでも元気な姿でいてくれるキャットフードを食べさせてあげましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -