猫の猫による猫のためのキャットフード選び

安全なキャットフードは市販で買える?おすすめの安全なキャットフードを紹介

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

少しでも猫には元気で長生きして欲しいというのはすべての愛猫家の願いです。

そのためにしてあげられることと言ったら、一番はより安全で健康的なキャットフードを食べさせることです。

そこで安全で健康的なキャットフードとはどれがいいのか、そしてスーパーなどの市販で購入できるかどうかをこれから皆様にお伝えしていきます。

安全なキャットフードの選び方

まず安全なキャットフードには4つの共通してあることがあります。それが以下の通りです。

ウェットフードよりもドライフードが好ましい

あなたは普段、猫にウェットフードとドライフードのどっちを与えていますか?

中にはドライフード(カリカリ)にウェットフードを混ぜて与えている人もいるでしょう。

でも猫の安全・健康を考えるのならドライフードのほうが好ましいです。

というのもドライフードは総合健康食品とされ、猫に必要な栄養素がたくさん配合されています。

またウェットフードは歯石が出来やすく口臭の原因にもなるんです。

無添加のキャットフードを選ぶ

添加物が体に悪いのは人間も猫も同じです。例えば猫が体に悪い添加物(酸化防止剤や合成着色料など)を摂り続けると体の抵抗力が弱まり、病気になりやすくなります。

ですから安全で健康なキャットフードを選ぶのならまず第一に無添加かどうかを気にしましょう。

4Dミートがないか原材料を確認

4Dミートとは以下の4つの項目に当てはまる肉の略称です。

「Dead=死んでいる」

「Dying=死にかけ」

「Diseased=病気持ち」

「Disabled=障害持ち」

見るからに体に悪そうですよね。でもこれらの肉を使っているキャットフードは多く存在します。CMでお馴染みの国産のキャットフード「銀のスプーン」にも含まれているんです。

それでこれらの4Dミートを猫が食べると具体的にどうなるかというと、腎機能が弱まったり、口臭・便臭が臭くなったりします。

ちなみに4Dミートが含まれていると原材料に「~ミール」や「家禽副産物」と言った曖昧な肉の名前があるので、このようなキャットフードは避け、鶏肉、サーモンなど明確な肉の名前が記載されたキャットフードを選びましょう。

穀物不使用(グレインフリー)を選ぼう

安全なキャットフードを選ぶ際に忘れてはならないのが、穀物不使用(グレインフリー)かどうかです。

猫は実は穀物がとっても苦手で、腸が短いのが原因で消化しにくい体になっています。しかしコスパよく食物繊維が取れるという理由で穀物を配合したキャットフードが多く市販にも溢れています。

しかし安全なキャットフードは根菜などを配合してしっかり食物繊維を摂れるようになっているので、穀物不使用(グレインフリー)と記載されたキャットフードを選ぶようにしましょう。

安全なキャットフードを買うなら市販より通販

安全なキャットフードの選び方はわかりましたが市販では売られているのでしょうか?

結論から言ってしまうと、安全性が高く私が自信をもっておすすめできるキャットフードはスーパーなどの市販には売られていません。

その理由が以下の通りになります。

市販はコスパ重視で良くないものが混じっている

市販で売られているという事は大量生産品という事になります。となるとどうしても製造側はコスパを重視しなくてはいけません。

すると原材料に多少、猫に悪くても餌になり得るものを入れてしまうという逃れられない結末を迎えてしまうのです。

例えば市販で売られているものの9割は添加物や穀物が入っているので、これらが完全不使用のキャットフードを市販で見つけるのは困難でしょう。

そもそも日本のキャットフードは品質が悪い

日本=安全というイメージを私たち日本人は持ってしまいますが、実はペットフードに関して言えば日本は安全性の知識も技術もとても遅れてます。

ですから例えCMでバンバン宣伝されているものであっても、獣医など知識のある方が原材料を見ると顔をしかめるようなものが沢山使われています。

このようなことからCMでよく見るから、皆買っているからといった固定概念で安全性を判断するのはやめましょう。

公式通販なら安全なものをなるべく安く買える

市販では安全性の高いキャットフードが買えないならどこで買えばいいのか。

その答えはネットの公式通販サイトです。ネットには安全性の高い海外のキャットフードを直輸入したものを簡単に購入出来ます。

もちろん公式通販サイトでは日本の企業が売っているので、日本語ですべて注文方法が掛かれているので安心です。

また公式通販サイトから注文すると20%オフなどの大幅プライスで常に購入出来るので、通販限定のキャットフードを購入する際はAmazonなどではなく公式通販サイトから購入するのが一番お得になります。

安全性の高い通販限定キャットフードはこれ!

最後に通販で購入出来る安全性が高く、猫にも大好評のキャットフードを3商品ご紹介します。

お気に入りの商品をこの中から見つけてみませんか?

1位 カナガン

商品名 カナガン(CANAGAN)
内容量 1.5kg
価格 3,960円(通常価格)

3,564円(定期便)

※3個以上購入で送料無料&最大20%オフ

商品の特徴 ★チキン60%配合で飛びつく美味さ

★子猫からシニアまで対応

★添加物、穀物不使用で健康的

カナガンはイギリス産の高級キャットフードです。

高級だけあって安全性・品質・美味しさどれをとっても一級品となっております。

商品の特徴はまず味。メイン原材料に猫の大好物の鶏肉を60%も配合することで食いつきを良くしています。

カリカリに普段あまり興味を示さない猫ちゃんでも見違えるように食いついてくれますよ。

また添加物、穀物不使用で健康的な仕上がりで、子猫からシニアまで共通して食べてもらえるように小さく食べやすい粒になっています。

猫の成長に合わせてキャットフードを変える必要がないのもカナガンの人気の秘訣です。

2位 モグニャン

商品名 モグニャン
内容量 1.5kg
価格 3,960円(通常価格)

3,564円(定期便)

※3個以上購入で送料無料&最大20%オフ

商品の特徴 ★白身魚63%配合で魚好きにたまらない

★サーモンオイルでおいしそうな香りづけ

★添加物、穀物不使用で健康的

次に紹介するのがモグニャンです。日本的名前ですがこちらもイギリスで製造している安全かる高品質なキャットフードになります。

添加物、穀物不使用な点はカナガンと同じですが、モグニャンはメイン原材料に鶏肉ではなく白身魚を使っているんです。

もしあなたの猫ちゃんがトリ派でなく、魚派でしたらモグニャンを一番におすすめします。

3位 シンプリー

商品名 シンプリー
内容量 1.5kg
価格 3,960円(通常価格)

3,564円(2回目以降)

※3個以上購入で送料無料&最大20%オフ

商品の特徴 ★白身魚73%を配合で高タンパク

★サーモンスープで食欲Up!

★添加物、穀物不使用で健康的

最後に紹介するのがこちらもイギリス産のキャットフード「シンプリー」です。

シンプリーはなんと動物栄養学者と共同開発で作られており、栄養素に非常に気を配っています。

例えばメイン原材料には様々な白身魚を73%も配合し、高タンパクな仕上がりとなっています。

また尿路結石のケアするキナ酸や、毛玉排出を助けるオリゴ糖など様々な猫の悩みを解決する栄養素が詰まっているんです。

安全で健康的なキャットフードをお求めの方におすすめです。

まとめ

猫ブームを引き起こした日本ではキャットフードは様々なところで市販のものを買うことが出来ます。

しかしそれらのキャットフードは安全性に欠けるものばかりで、ハッキリ言って猫のためを思うのならおすすめしません。

もしあなたが猫の健康を第一に思うのなら無添加、穀物不使用、4Dミート不使用をすべてクリアしたカナガンのようなイギリス産のキャットフードをおすすめします。

ネットで簡単に購入出来るので、愛用者もどんどん増えているんです。

今こそ猫ちゃんの健康を改めて見つめなおしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -