猫の猫による猫のためのキャットフード選び

猫の餌のおすすめは?猫のことを第一に考えたフード3選!

 
 
猫の餌のおすすめは?猫のことを考えたフード3選!
この記事を書いている人 - WRITER -

ご飯って毎日食べるものだからこそ、こだわりたいですよね。

人間も食事にこだわるように、家族の一員のように可愛がっている猫ちゃんにも、ご飯にこだわってあげたいと思うのが飼い主さんのはず。

今回はそんなこだわりたい飼い主さんのために、おすすめのキャットフードをご紹介していこうと思います!

猫の餌を選ぶポイント

おすすめのキャットフードをご紹介する前に、猫の餌を選ぶときのポイントをいくつかご紹介していきますね。

選ぶ前にこれだけは気を付けた方が良いことをピックアップして書いていくので、いま猫を飼っている人は与えている餌が大丈夫かどうかもチェックしてみて下さいね。

合成着色料などを使っていないか

猫にとって良くないものとして、『合成着色料や香料』などを使っていないかどうかがポイントになります。

上記のものを使っている餌だと甲状腺に異常が出たり、発がん性があるせいで食べ続けていると病気のリスクが上がる可能性があります。

大事な家族なら病気のリスクは減らしたいですよね。

健康で長生きしてほしい場合は、合成のものを使った餌は避けた方が良いですよ!

4Dミートは不使用か

市販の安い餌は粗悪なものを使っていることが非常に多いです。

そのなかでも特に『4Dミート』には気を付けないと、猫ちゃんの健康を害してしまう可能性があるんですよ!

 

4Dミート

Dead「死んでしまった動物の肉」

Diseased「病気だった動物の肉」

Dying「死にかけだった動物の肉」

Disabled「障害のあった動物の肉」

 

もう使えなくなった、廃棄する予定だったものを加工してキャットフードに使用しているものが『4Dミート』になります。

キャットフードの袋の裏に『ミールミート』など、何のお肉を使っているかはっきり書いていないものは、4Dミートの使用を疑った方が良いでしょう。

猫ちゃんの健康を考えるのなら、きちんとチェックをするようにした方が良いですね!

グレインフリー(穀物不使用)の餌か

猫って実は肉食動物だということをご存知でしたか?

肉食動物で腸が少し短めなせいか、穀物をあまり必要としません。

なぜなら、穀物を食べる体として出来ていないからなんですね。

そのため穀物を摂取しすぎると、消化がうまく出来なくて消化不良を起こしたり、嘔吐や下痢を引き起こしてしまうことがあります。

少量なら摂取しても問題ありませんが、市販の安いキャットフードには結構な量が配合されているので、あまり安すぎるキャットフードは控えた方が良いでしょう。

猫の餌のおすすめを3つピックアップ!

上記を踏まえたうえでおすすめのキャットフードを3つ、ご紹介していこうと思います。

どれも厳選されたキャットフードになっているので、猫の健康を第一に考えたい飼い主さんは要チェック項目ですよ!

1位カナガン

商品名 カナガン(CANAGAN)
内容量 1.5kg
価格 3,564円

最初にご紹介するのが『カナガン』というキャットフード。

カナガンはグレインフリーで合成ものを一切使っておらず、また肉食の猫に合わせてチキンを使用しているんです。

猫ってどうしてもお魚を食べるイメージがありますが、肉食なので普通のお肉でも大丈夫なんですよ!

たんぱく質を多く摂取することが大事なので、たんぱく質が多く含まれていれば含まれているほど、猫にとってはとても良いものだと言えますね。

また、カナガンはオールマイティに対応していて、若い猫からシニアにまで食べられるように工夫して作られているんです!

2位モグニャン

商品名 モグニャン
内容量 1.5kg
価格 3,564円

次に紹介するのが、この『モグニャン』

モグニャンは猫のためを考えたキャットフードになっていて、使われているものもモグニャンならではのものがとても多いんですよ!

  • 合成のもの不使用
  • グレインフリー
  • 肉食でたんぱく質が多く必要な猫のために、たんぱく質が多く含まれた白身魚を使用

その他モグニャンもオールマイティに対応できるように、若い猫からシニアの猫にまで食べられるように作られているんです。

年齢関係なしに食べられるというのは、フードを変える必要がなくてとてもありがたいですよね!

3位ねこはぐ

商品名 ねこはぐ
内容量 1.5kg
価格 3,980円、クレジットカード決済で500円引き

最後にご紹介するのが、この『ねこはぐ』というキャットフード。

今までご紹介してきたキャットフードはすべて外国産でしたが、このねこはぐは全て国産の物で作られているんです。

国産の物だけで作られているキャットフードって実はとても珍しくて、そのため他の紹介した2つのキャットフードよりも、少しだけお値段が高めになっています。

それだけ価値のある珍しいものだということですね!

またこのねこはぐは穀物が少量だけ使用されていて、少ない量の穀物はむしろ逆に消化を助ける働きがあります。

猫に良くないからとただ抜いているだけではなく、よく考えて作られていることがわかります!

キャットフードの良い与え方

上記ではおすすめのキャットフードについてご紹介しましたが、いくら体に良いキャットフードを手に入れても、ただ餌を与えるだけでは猫の体にとっても良くありません。

正しい与え方をすることによって、もっと猫ちゃんが健康で長生きできる可能性が増えるのです。

下記では餌の与え方のポイントについても簡単に書いてみたので、是非チェックしてみて下さいね!

新しいフードに切り替えるときは少しずつ

猫に今まで与えていた餌からもし上記の餌に切り替える場合は、切り替え方も重要になってきます。

新しい餌にすぐ切り替えてしまうと、警戒心の強い猫はなかなか食いついてくれません。

せっかく猫ちゃんのためを考えて買ったのに、これでは意味がありませんよね。

フードの切り替えをする際は、食べ慣れた餌に少しずつ新しい餌を混ぜていって猫の警戒心を解いていくしかないんです。

ゆっくり辛抱強く慣れてもらうのを待つのが重要なので、飼い主さんも「全然食べない!せっかく買ったのに!」と焦らないようにしましょうね!

計量して与える

猫って置き餌をして勝手に食べてもらっているところも多いかと思いますが、実はそれだと肥満の原因になる可能性があります。

置き餌だと制限なく猫ちゃんは食べてしまうので、少しずつ食べているように見えても肥えてきてしまう可能性が高いんです。

なので、肥満を避けたい飼い主さんはきちんと計量をして与えるようにした方が、肥満防止に繋がりやすいと言えますね。

肥満になってしまうと色々な病気を持ち始めてしまう可能性があるので、健康でいてもらいたい飼い主さんはきちんと計量をして餌を与えてあげましょう。

小分けにしてあげる

計量して与えると通ずるところがありますが、小分けにして与えるようにすると猫ちゃんも餌を食べやすくなります。

一気に与えてしまうとのんびり餌を食べてしまって、それがまた肥満に繋がりやすくなってしまうからです。

犬なんかは食いつきが良いのですぐペロッと食べてしまいますが、猫は食べるのが非常にマイペースです。

適量に分けて与えると猫ちゃんも餌を食べやすくなって肥満防止にも繋がるので、出来れば餌を与えるときはそのように工夫した方が良いでしょう。

まとめ

おすすめのキャットフードについて記載しましたが、いかがでしたでしょうか?

人間も猫も健康を保つためには、まず体の中から改善していくのが重要です。

良い餌を食べることによって中から健康になると、大事な猫ちゃんも長生きすることが出来て、もっと長く一緒に居られることが出来ます。

飼い主なら健康で長く生きて欲しいと願うのは当然のことです。

猫ちゃんとの素敵なキャットライフを応援しています♪

この記事を書いている人 - WRITER -