猫の猫による猫のためのキャットフード選び

キャットフードの良くない成分・原材料はコレ!安全なキャットフードかチェック!

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

キャットフードと一口に言っても、さまざまなメーカーから販売されていてどれも使われている成分や原材料に違いがあります。

ただ、全てのキャットフードがネコちゃんにとって良い成分・良い原材料を使っているわけではないんです。

商品によってはネコちゃんに不必要な成分・原材料を使っているモノもあるので、もしかしたら今まで購入していたキャットフード、今すぐ変更しないとネコちゃんの元気がどんどんなくなってしまうかも!?

そこでここでは、キャットフードの良くない成分・原材料について詳しくお話していきます。今お使いのキャットフードと見比べていきましょう。

キャットフードの良くない成分をチェック!お使いのキャットフードは大丈夫?

人間用の食品では使ってはいけないような成分でも、キャットフードなら使っても良いことになっている場合があります。

でも人間の食品に使ってはいけない成分が、ネコちゃんにとって良い成分のわけがありませんよね。

危険性の高い添加物の有無を確認!

キャットフードの良くない成分の1つに『添加物』があります。添加物の中でも危険性の高い成分をまとめてみましたので、確認してみてください。

エトキシキン

キャットフードの酸化防止剤。毒性が強く、人間用の食品では使用が認められていません。

もし人がエトキシキンを摂取した場合、がんや皮膚炎と言ったリスクが付きまといます。

人間より体の小さなネコちゃんなら、なおさら危険な成分となっています。

グリシリジン

安全性が確認されていない甘味料。人間用の食べ物には添加禁止ですが、キャットフードには添加されていることもあります。

亜硝酸ナトリウム

亜硝酸ナトリウムは、お肉や魚に含まれる成分『アミン』と化学反応を起こすことで、発がん性の高い『ニトロソアミン』を生み出すと言われています。

キャットフードの主な原材料は肉または魚なので、危険というわけです。

BHA、BHT

BHA・・・ビチルヒドロキシアニソール
BHT・・・ブチルヒドロキシトルエン

この2つの成分は、殺虫剤やガソリンの酸化防止剤として使用されています。

食品ではバターや冷凍品等の酸化防止剤の役割がありますが、発がん性が確認されている添加物なので注意が必要です。

ソルビン酸カリウム

保存料として使われる一方、発がん性や奇形の子猫を産む可能性を高める成分と言われています。ネコちゃんにとって全くよろしくない成分です。

原材料で気を付けるもの・絶対に避けるべきものは飼い主なら知ってて当然です

キャットフードの良くない成分を見たところで、次は使われている原材料について確認していきます。

できれば、今お使いのキャットフードの原材料と比較しながら確認すると良いですよ。

穀物はネコちゃんにとって要らない原材料

肉食動物であるネコちゃんは、穀物の消化・吸収が苦手。もし穀物の多いキャットフードを食べることで

  • ウンチが緩くなる
  • 下痢をする
  • 消化不良で吐く

といったことが起きてしまいます。
なのでキャットフードの中に穀物がたくさん含まれているのは、全く好ましくありません。

そんなキャットフードに良く使われる穀物は

  • 米、玄米
  • 小麦、大麦
  • トウモロコシ

となっており、これらの穀物が多く使われているキャットフードをネコちゃんに与えないよう気を付けましょう。

危険なたんぱく質源の『4Dミート』が使われていないか

ネコちゃんの主なエネルギー源となるたんぱく質、肉や魚の事ですね。しかしそのたんぱく質の中にも粗悪品があるという事をご存知でしたか?

その粗悪品は

  • Dead・・・死んだ動物の肉
  • Diseased・・・病気を持っていた動物の肉
  • Dying・・死にかけの動物の肉
  • Disabled・・・障害を持っていた動物の肉

の頭文字をとって『4Dミート』と呼ばれています。
もちろん4Dミートは”人間用の食品”だと食べることはまずありません。

ただ、キャットフードとなると話は180度変わり、4Dミートを使用してキャットフードを作っても良い国もあります。

あまりにも食品とかけ離れている話なので、4Dミートについて知らない人だと

「そんな粗悪なお肉を使ってキャットフードが作られている」

なんて考えもしないはず。

しかし実際は、低コストでたんぱく質を入れられるという事から『4Dミート』を使ってキャットフードを製造している会社もあるんです!

信じられない話かもしれないですが、これはホントの話。

4Dミートの見分け方としては、何の肉を使用しているかをはっきり記載しているかがポイントです。

「ミートミール」や「肉副産物」のように”ふんわりとした表現”で記載されているお肉だと、4Dミートを使用している可能性があるので注意してください。

もし良くない成分・原材料のキャットフードをあげてしまうとどうなる?

キャットフードの良くない成分・原材料についてご紹介してきました。

いろいろ知識が身についてきた今、「良くない成分・原材料を使ったキャットフードをネコちゃんにあげるとどうなるんだろう?」と気になる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

ここでは粗悪なキャットフードをネコちゃんに与えてしまうとどうなるのか、見ていきましょう。

がんなどの病気にかかるリスクが上がる

ネコちゃんに良くない添加物が含まれていた場合、添加物の種類によっては発がん性のあるモノ、皮膚炎を起こしてしまうモノがあります。

また、ネコちゃんより体の大きい人間でさえも発がん性が高い添加物が使われていたなら、ネコちゃんだとより発がんリスクは高くなることに。

危険な添加物が使われているキャットフードが一番悪いですが、その事を知らずに粗悪なキャットフードを選ぶ飼い主さんも同罪です。

下痢をしてしまう

穀物の消化が苦手なネコちゃんは、キャットフードに穀物が多く含まれているとうまく消化ができずに下痢をしてしまいます。

人間でも下痢の状態が続くのは、かなりしんどいですよね。

キャットフードを変えない限り穀物を摂取し続けることになるので、ネコちゃんはずっとお腹の調子が悪いまま。

アレルギー症状を引き起こす場合も

小麦やトウモロコシといったキャットフードには要らない穀物から『食物アレルギー』を引き起こすネコちゃんがいます。

食物アレルギー反応としてネコちゃんに

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 脱毛
  • かゆみ・かぶれ

などが起こることもあるので注意してください。

ただ、ネコちゃんのアレルギー症状ってかなり注意深く見ていてもわかりにくくなっています。

そのため、アレルギーを起こす可能性がある穀物が含まれていないキャットフードに変更してあげましょう。

安心・安全面で間違いないキャットフードはコレ!

今まで購入していたキャットフードの成分・原材料はチェックしましたか?

もし、良くない成分や原材料を使っていたキャットフードだった場合、ネコちゃんのためを思うならすぐにでもキャットフードを変更してあげましょう!

ここでは私が調べ上げた20種類以上のキャットフードの中でも、特に安心・安全なキャットフードを原材料・成分一覧と共にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

カナガン

商品名 カナガン(CANAGAN)
内容量 1.5kg
価格 3,564円

カナガンのおすすめポイント!
チキンたっぷりでグルメなネコちゃんでもバクバク食べちゃう!
人口添加物・危険な原材料を一切使っていない!
ペット先進国のイギリスから直輸入!

ペット先進国であるイギリスはキャットフードの品質管理や基準が日本よりも厳しく設定されています。

  • 人間が食べられない原材料は使用してはいけない
  • 品質の悪い原材料ももちろん禁止
  • ネコちゃんに害が起こりゆる成分は含まれていない

と、キャットフードの安心・安全性は日本以上に高いです。

そんなイギリスから直輸入で日本にきているキャットフード『カナガン』は、ネコちゃんにとって最良のキャットフードと言って過言なし!

キャットフードを変更するなら、カナガンキャットフードがおすすめです。

カナガンの成分・原材料一覧

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

カナガンの成分を見ても、先ほどご紹介した良くない成分・原材料が使われていないことがわかりますね。

また、チキンの量が60%を超えているので、お肉好きのネコちゃんにはたまらない一品。

今まであげていたキャットフードとの食いつきの違いを見れば、「キャットフードを変更して良かった」と思うはずです。

モグニャン

商品名 モグニャン
内容量 1.5kg
価格 3,564円

モグニャンのおすすめポイント
イギリスのペットフード専門工場で生産!
子ネコからお年寄りネコまで年齢問わず食べてOK!
魚好きのネコちゃんにはたまらない白身魚を63%以上配合!

モグニャンキャットフードも、キャットフードの品質管理が徹底しているイギリスから、しかもペットフード専門工場で作られています。

つまり、キャットフードの安全性に関して全く問題が無いというわけですね。

キャットフードの粒の大きさも約8mmと小さい設計になっているので、体の小さなネコちゃんでも食べやすいサイズ・ネコちゃんの年齢関係なく食べてOKという点も好評価!

キャットフードの乗り換え先として『カナガン』キャットフード同様におすすめの商品です。

モグニャンの成分・原材料一覧

白身魚63%、サツマイモ、エンドウ豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ

モグニャンの原材料・成分を見ても、無添加・グレインフリーというのがわかります。

また、先ほどご紹介した『カナガン』キャットフードのメインはお肉に対して、『モグニャン』キャットフードのメインは白身魚です。

なので、お魚好きのネコちゃんにはモグニャンキャットフードのほうが好みの味でしょう。

「今まで安いキャットフードしか買った事がない」

という飼い主さんなら、ネコちゃんがキャットフードを変えただけでこんなに喜ぶのか!?と驚いてしまうかもしれませんね。

シンプリー

商品名 シンプリー(symply)
内容量 1.5kg
価格 3,564円

シンプリーのおすすめポイント
エリザベス女王に表彰された一品!
穀物不使用でネコちゃんも安心!
動物栄養学者と作ったので安全性バツグン!

動物栄養学者とネコちゃんの健康を考え抜いて作られたキャットフード、それが『シンプリー』です。

シンプリーは品質の高さからエリザベス女王から表彰されているという事もあって、ネコちゃんにとって安心・安全なキャットフードというのは間違いありません。

そのため、今まで購入していたキャットフードから変更したいけど、何にすれば良いのかわからないという人なら、エリザベス女王のお墨付きのこの商品を検討してみてはいかがでしょうか。

シンプリーの成分・原材料一覧

骨抜き生サーモン(31%)、サツマイモ、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、ジャガイモ、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ほうれん草、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

成分表を見ても、穀物・4Dミート・添加物が含まれていません。

流石はイギリス、ペット愛護の先進国と呼ばれるだけあってキャットフードの品質で悩む必要はないです。

ただ、市販では販売されていない商品なので、日本だと通販から購入しないといけないという事には注意しましょう。

価格の安いキャットフードは購入する前に”大丈夫なのか”疑おう

キャットフードは価格に比例して品質が悪くなっている商品が多くあります。

そのため、価格の安いキャットフードは購入する前に十分注意しないといけません。

価格が安いキャットフードほど良くない成分・原材料が使われている

キャットフードには穀物・4Dミートを使用している商品がありますが、実は価格の安いキャットフードほど使われている可能性が高くなっています。

  • 穀物はキャットフードの量を簡単にかさ増しできるため
  • 4Dミートは製造コストを抑えてたんぱく質を配合できるため

というわけなんですね。
また、キャットフードのニオイを強くする目的で、ネコちゃんに必要のない香料といった添加物も使っている可能性もあります。

キャットフードの成分や原材料に詳しい人なら、自分でキャットフードを選んでも大丈夫でしょう。

逆にキャットフードの知識があまり無い・よくわからないという人は、私がご紹介したキャットフードを購入すれば安全面は間違いありませんよ。

製造年月日が古くありませんか?

製造年月日が古く賞味期限が近いキャットフードは、店頭から売りさばくために価格を安めにしていることがあります。

ネコちゃんはキャットフードの『ニオイ』で

食べても大丈夫か・美味しそうかなどを判断するので、賞味期限が近いキャットフードだと食べてくれない可能性があるんです。

そうなると価格の安いキャットフードはほとんど手を付けないまま捨てることになるなんてことも。

無駄な出費を無くすためにも、キャットフードの製造年月日は確認してからのほうがいいですね。

まとめ

キャットフードの成分や原材料について、あれこれご紹介させていただきました。

今まで購入していたキャットフードの成分表を見て、

  • 添加物がたくさん使われていた
  • 『肉副産物』など、よくわからない原材料が記載されている
  • 小麦やトウモロコシと言った『穀物』が多い

のどれか1つにでも当てはまる項目がありましたら、キャットフードを変更してあげたほうがネコちゃんのためですよ。

また、今回ご紹介したキャットフードであれば、キャットフードの品質・安全性に問題がありません。

「どのキャットフードに変更すればいいの?」
とお困りになりましたら、ぜひご紹介したキャットフードの中から選んでくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -