猫の猫による猫のためのキャットフード選び

キャットフードは「ドライ・ウェット」どちらがいいの?ネコちゃんが喜ぶごはん選び

 
 
キャットフード
この記事を書いている人 - WRITER -

今このページを見ているあなたは大切な家族、ネコちゃんのためにキャットフードについて詳しく知りたいと思っているのではないでしょうか?

キャットフードにはカリカリッとした「ドライフード」と水分を多く含んだ「ウェットフード」がありますが、どちらをネコちゃんに食べさせてあげればいいのか気になるところ。

ネコちゃんにごはんを食べさせるなら、適切なものを選んで食べさせてあげたいですよね。

そこで!ドライフードとウェットフードの違いについて調べ、どちらがネコちゃんにとっていいのかまとめてみました。

ドライとウェットの違いがわかり、ネコちゃんが喜んで食べてくれるようにごはんを選ぶことができるようになりますよ!

「ネコちゃんの喜ぶ姿が見たい!」という方はぜひご覧くださいね。

キャットフードのドライとウェットの違いって?

ウェットフード

ネコちゃんにとって毎日食べる大切なご飯「キャットフード」

キャットフードはドライフードとウェットフードの2種類がありますが、どちらがいいのか気になりますよね。

そこでここではドライとウェットを比べたうえで、大きく違うポイントを紹介していきますよ!

一番の違いは水分の含有量

ドライフードとウェットフードの最大の違いは水分の含有量でしょう。

ドライフードはカリカリっとしていて水分が少ないんですが、ウェットフードには水分の含有量が75%と豊富に含まれているんですよ。

「水分の含有量が違うとなにかいいことがあるの?」と気になりますよね。

本来、ネコちゃんは水分を取るのが苦手なので、水分が不足しがちになってしまいます。

しかしウェットフードなら食事と一緒に水分を取ることができるので、水分を取るのが苦手なネコちゃんにとって理想的な食事なんです!

ドライフードとウェットフードの栄養価の違いについて

ドライフードは総合栄養食といってネコちゃんに必要な1日の栄養素を全てカバーできるものが多いです。

ウェットフードと比較して少量でも十分な栄養を取ることができて、ネコちゃんの健康を維持することができますよ。

大切なネコちゃん、毎日健康で元気に過ごすためにも栄養には気を配る必要がありますよね。

そういった栄養バランスを考えるとウェットフードよりもドライフードの方が管理しやすいですね。

においや食いつきの違い

ドライフードとウェットフードの違いにニオイがあります。

ドライフードはニオイが少なく、ウェットフードはニオイが強め、という違いがあるんですよ。

ネコちゃんはニオイがあると食欲がわいてくるので、ドライフードよりもウェットフードの方が食いつきがいいという違いがあります。

ドライやウェット。私のネコちゃんにはどっちがおすすめ?

ネコちゃん

ドライフードとウェットフードの違いを見ていきました。

どちらにもメリットがありますので、どちらをネコちゃんに食べさせてあげたらいいか迷ってしまいますよね。

ここでは、迷わずキャットフードを選べるようにどちらを食べさせたらいいのかについてお話していきます。

基本的にはドライフードがおすすめ

ネコちゃんのごはんとして選ぶならドライフードを食べさせてあげるのが一番いいですよ。

ドライフードはウェットフードよりもたくさんのメリットがあるんです!

  • ネコちゃんが1日に必要な栄養素をカバーできるので栄養管理がしやすい
  • ネコちゃんの歯や顎を鍛えることができて健康によい
  • ドライフードの方が値段が安い
  • ウェットフードは開封後1日しか保存できないが、ドライフードは長期間保存できる
  • 歯垢が残りづらく、ウェットフードよりも口臭が発生しづらい

とてもいいメリットがたくさんありますね。

ですから、食欲不振などでネコちゃんが食べてくれないとき以外は、ドライフードがおすすめですよ。

年齢別に合わせて切り替えてあげよう

生後2か月までの子猫ちゃんはまだ噛む力が十分ではないのでウェットフードを食べさせてあげるのがいいですよ。

それから徐々にドライフードと混ぜて4か月にはドライフードに完全に切り替えていくのがおすすめです。

それから7歳まではドライフードで大丈夫ですが、それ以降になってくるとだんだんと噛む力が衰えてしまって食べるのが難しくなってしまいます。

そうなってきたら、ネコちゃんを労わってウェットフードを食べさしてあげるといいですね。

食いつきが悪いときにはウェットタイプを食べさせてあげる

基本的にはドライフードを食べさせていきたいですが、ネコちゃんはとってもきまぐれです。

「このごはんは飽きたにゃ。たまには別なのを食べたいにゃ」なんて思ってしまうことも。

そうなってしまうとなかなかごはんを食べてくれません。

そんな食いつきが悪くなってしまったときは、ウェットフードを食べさせてあげるといいですよ。

ただし、食べないからといってずっとウェットフードを与えてしまうとドライフードを食べなくなってしまうこともあるのでそこは注意してくださいね。

ときどきのごちそうとしてネコちゃんにウェットフードを食べさせてあげましょう!

いつもはドライフード、たまにはごちそうのウェットフードと食べさせてあげることで、ウェットフードを食べたときに「やったー!ごちそうだにゃー」と喜んで食べてくれますよ。

ドライフードやウェットフードの取り扱いで気を付けておくこと

キャットフード

ドライフードやウェットフードを取り扱う上で特に気を付けておきたいポイントがありました。

ネコちゃんのためにも、今から紹介する気をつけたいポイントをしっかりと守って食べさせてあげてくださいね。

保存状態に気を付けてごはんのおいしい状態を保とう

キャットフードは正しい保管の仕方をしていないと味が悪くなるなど品質が落ちてしまいます。

ネコちゃんにはおいしいごはんを食べさせてあげたいですよね。

今から紹介する保管方法で味が落ちないようにし、ネコちゃんが毎日おいしく食べられるようにしましょう。

 

  • 湿度が高い場所は避ける
  • 直射日光を避ける
  • 温度の変化を避ける
  • 酸化しないようにキャットフードの袋の空気を抜きしっかりと閉める

これらを守ることでキャットフードの品質が下がることを防ぎ、ネコちゃんが毎日おいしくごはんを食べることができますよ!

ウェットフードの開封後は保存に気を付けて!

ドライフードであれば長期間保存ができるのですが、ウェットフードは水分を含んでいるため、菌が繁殖しやすく長期間保存ができません。

ですから、開封後はなるべく1日以内に使い切るように意識しておきましょう。

もし、ウェットフードを開封して残ってしまったようであればガラス容器やお皿などに移し替えて冷蔵庫に保存してください。

そのままの容器で保存すると菌が繁殖しやすく、それを知らずにネコちゃんに与えてしまうと体調を崩してしまいます。

それを防ぐ為にもウェットフードの保存に関しては細心の注意を払って行うようにしましょう。

ドライフードは一緒にお水もしっかりと与えてあげる

ドライフードはウェットフードと違って水分量が10%程度しかないため、こまめに水をきちんとあたえる必要があります。

そうしないと、ネコちゃんが脱水症状を起こしたり、病気リスクを高めてしまう危険性があるんです。

それを防ぐためにもネコちゃんにはしっかりと水を飲ませてあげましょう。

まとめ

ネコちゃんにとって良いキャットフードを選べるように、ドライフードとウェットフードの違いを紹介。またどちらがいいのかについてお話させていただきました。

基本的にはメリットが多いドライフードを食べさせてあげるといいですね。

ただ、それだけだとネコちゃんが飽きてしまって食べなくなってしまうことも。

そうしたときにウェットフードを食べさせてあげてください。

すると「わーい、ごちそうだにゃー」と喜んで食べてくれますよ。

最後にキャットフードの取り扱いについてもお話しましたが、ネコちゃんが毎日健康でおいしく食べられるようにするのにとても重要ですので

しっかりと守ってネコちゃんと一緒に楽しい生活を送ってくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -