猫の猫による猫のためのキャットフード選び

カナガンが尿路結石予防に相応しい理由はこれだ!

 
 
カナガンが尿路結石予防に相応しい理由はこれだ!
この記事を書いている人 - WRITER -

猫ちゃんと言えば尿路結石になりやすい動物ですが、猫を飼っている皆さんなら尿路結石を予防するために色々調べるはずです。

今は尿路結石になっていなくても、いずれ尿路結石になってしまう可能性は十分にありまし、これからのためにもそういう病気の類は予防したい飼い主さんが沢山居るのではないでしょうか?

そんな尿路結石の予防に相応しいキャットフードとして有名なのが、カナガンキャットフードですよね。

この記事ではカナガンについて、尿路結石の予防に相応しいフードかどうか記載していこうと思いますので、病気のリスクを減らしたい飼い主さんはじっくり見て行ってくださいね!

尿路結石が出来る理由とは?

カナガンは尿路結石の予防に相応しいと記載しましたが、予防に相応しいかどうかの前にまずは尿路結石が出来る理由について記載していこうと思います。

尿路結石になりやすい理由はこんなことなんですよ!

水分補給が少ないため

猫は水分補給をあまりしない動物ですが水分補給をしなさすぎるせいで、尿路結石になりやすいと言われています。

おしっこをしないことによって尿が膀胱にたまり、結石ができやすくなってしまうんです。

もともと水が苦手な動物ですから、思ったように水を飲まないというのも仕方がないのかもしれません。

けれどこれをそのまま放っておいてしまうと尿路結石になってしまうので、飼い主さんも猫ちゃんが水分補給をきちんとしているかチェックした方が良いでしょう。

ストレスが原因でなることもある

猫は警戒心がとても強い動物です。

その警戒心の強さから、精神的にストレスを抱えてしまう子もいるようです。

あまりストレスがかかりすぎると、猫ちゃんは人間のように体を壊してしまうこともあります。

猫ちゃんにストレスがかかりにくくするように、日ごろの行動をチェックし嫌がりそうなことは控えるようにした方が良いかもしれませんよ。

無意識のうちに猫ちゃんにとって、ストレスがかかるようなことをしている可能性もありますから、飼い主さんも気をつけましょうね!

尿路結石の予防に必要なものはこれ!すべてカナガンで補える!

尿路結石の予防対策としてキャットフードから変えるというものもありますが、その対策はなんと全てカナガンで補えます。

カナガンは予防対策に相応しいキャットフードですからね。

これを与えれば、こんな予防対策が期待できるかもしれませんよ!

クランベリー配合だと予防にとてもいい

猫ちゃんの尿路結石の予防として、フードにクランベリーが含まれていると良いというのはみなさんご存知ですか?

実はクランベリーには尿路結石を予防するための効果が期待されていて、クランベリーが多く含まれていると尿を出しやすくする効果があるとされています。

尿路結石になる原因として、尿をきちんと出さなければいけないということを書きましたが、クランベリーはそんなところを補ってくれるんですね。

しかもこのカナガンには他のキャットフードよりも多めのクランベリーが含まれているので、予防としてはとても期待できますね!

高たんぱく質で肥満防止をすると良い

カナガンは肉食の猫ちゃんのことを考えて、たんぱく質が豊富に含まれています。

なぜなら猫ちゃんはたんぱく質をたくさん必要とするからなんです。

その豊富なたんぱく質が実は肥満の予防に良いとされ、肥満防止になるということは尿路結石にもなりにくいということになります。

尿路結石になりやすい原因として、肥満もあげられていますからね。

太りすぎは要注意です。

また肥満になると尿路結石の他にも色んな病気を誘発してしまう恐れがあるので、普通の体型と体重を維持するのが一番安心になりますね。

肥満予防が出来る=尿路結石の予防にもなる、というまさに一石二鳥な効果なんですよ!

尿のpHコントロールが重要

尿路結石になる原因として一番重要なのは尿のpHが適正範囲内であるかどうかが大事になってきます。

pHとは酸性値のことでこれが適正範囲内だと、マグネシウムやリン、カルシウムが溶解しやすくなるんです。

これらが溶解しやすくなるということは結石が出来にくくなるので、尿路結石の予防になります。

溶解できないと固まって結石になってしまいますからね。

カナガンはこのpHを結石が出来にくい値へ傾けてくれるので、尿路結石の予防にピッタリなんですよ!」

尿路結石にならないように…飼い主さんが気を付けるべきこと

カナガンで尿路結石の予防について記載していきました。

キャットフードで予防する他に、飼い主さんが日ごろから猫ちゃんの様子を観察しておくと未然に防げることも出来るかもしれません。

下記では、「これをやっておけば尿路結石になりづらくなる」ということを書いていくので、猫ちゃんを大事に思う飼い主さんは是非確認してくださいね!

水分補給をしやすいようにする

尿路結石は水分補給の不足からなると書きました。

その水分補給の不足を減らすために飼い主さんが出来ることと言えば、水の設置場所を増やすこと、ではないでしょうか。

1カ所に設置するよりも、何カ所かに分けて設置した方が猫ちゃんも飲みやすくていいですよね。

餌の側やよく歩くところなどに事前に設置しておくと、猫ちゃんも気づいて飲みやすいかもしれません。

特に尿路結石は水分補給が大事なので、たくさん水を飲めるように工夫してあげましょう!

肥満になりすぎないように日ごろから猫の行動をチェックしておく

肥満になることでも尿路結石になりやすくなってしまうので、飼い主さんは猫ちゃんが肥満にならないようにフードの調整や、日ごろの運動量をきちんとチェックしなければいけない必要があります。

おやつなどをたくさんあげすぎないように気を付けなければいけませんし、運動もきちんとしているか飼い主さんが家を空けてない間は、しっかりと見ておかなければいけません。

あまり動いていないようなら飼い主さん自らが遊んであげることも大事ですし、特に餌やおやつの量に関しては常に気を配って気を付けないとだめですね。

肥満になってしまうと尿路結石の他にも色んな病気を発症する恐れがあるので、注意しましょう。

可愛いからって沢山餌やおやつをあげすぎては駄目ですよ!

精神的に負担をかけすぎないようにたくさん接してあげる

猫ちゃんはとっても警戒心の強い動物なので、その分ストレスもたまりやすいです。

ストレスが溜まることにより尿路結石になりやすいとも言われていて、猫ちゃんにストレスをかけすぎないようにする必要があります。

飼い主さんが沢山接してあげたり、また餌の切り替えや猫ちゃんの居場所を移動する際なども気を使ってあげないといけません。

餌の切り替えは食べ慣れたものに新しいものを少しずつ混ぜながらゆっくり行い、居場所を移動する際は猫ちゃんが使い慣れているものを移動した場所に一緒に置いてあげたりすると、安心してストレスが溜まりにくくなるんです。

常に気をつけなきゃいけないのはさすがに飼い主さんも大変だと思うので、気づいたときになるべく精神的負担をかけすぎないように注意してあげましょうね!

まとめ

カナガンは尿路結石の予防に相応しいキャットフードです。

ダイエットにも良く尿路結石の予防にも優れており、また猫のためを考えたちょうど良い栄養バランスのキャットフードなんです。

結石予防以外にも、猫ちゃんにはメリットになる部分が沢山あります。

可愛い我が子に上質なフードを食べさせてあげたい飼い主さんには、ぴったりのキャットフードなんですね。

カナガンで楽しいキャットライフを提供してあげましょう♪

この記事を書いている人 - WRITER -