猫の猫による猫のためのキャットフード選び

モグニャンとねこはぐの違いは?どっちがいいの?

 
 
モグニャンとねこはぐの違いは?どっちがいいの?
この記事を書いている人 - WRITER -

キャットフードを買うとき、どれがいいのだろうととても悩むときがありますよね。

特に人気のある商品だと、どちらにするべきかなかなか決まらないときもあるかと思います。

今回はねこはぐとモグニャンについて、どちらが良いのか徹底的に調べてみました!

モグニャンの良いところとねこはぐの良いところ、両方比較して見て行きましょう!

猫に良いキャットフードってどんなもの?

2つを比べる前に確認として、まずは猫にとって良いキャットフードとはどんなものなのか、記載していこうと思います。

モグニャンとねこはぐは、これらの条件をはたして満たしているのでしょうか?

2つのキャットフードの特徴については別項目で確認しますので、しっかり見て行ってくださいね♪

グレインフリー(穀物不使用)だとアレルギーがある子にも安心

キャットフードと言えばもはや定番になりつつある、グレインフリー(穀物不使用)は当たり前、という認識。

なぜ穀物不使用でなければいけないのか、それは猫は本来肉食で穀物を上手に消化できない体になっているからなんです。

特に市販の安いキャットフードだと穀物がたくさん使われています。

穀物を摂取しすぎると、猫は消化不良や嘔吐、下痢を引き起こしてしまうのです。

また、猫ちゃんによっては穀物アレルギーになる子もいるので、過度な穀物の摂取は良くないことがわかります。

上記の事から「キャットフードと言えばグレインフリーは当たり前」という認識になっているんですね。

肉食の猫ちゃんには高たんぱく質である必要がある

肉食の猫ちゃんはたんぱく質をとても多く必要とします。

キャットフードにはたんぱく質がたくさん含まれている方が、猫ちゃんのためにもいいんですね。

大抵のキャットフードにはたんぱく質がたくさん含まれていますが、粗悪なものを使ってこれらをまかなっている市販のキャットフードが非常に多いのが現状になります。

お肉なら何のお肉を使っているのかきちんと記載されていなければ、粗悪なものを使っている可能性が非常に高いです。

何を使って作られているかきちんと記載されているキャットフードの方が、絶対的に安心できますよね。

人工の合成着色料や香料などは不使用

人工の合成着色料や香料などは市販の安いキャットフードだと使っている可能性が高く、これらは使われていると病気が発生するリスクがとても高いものなんです。

甲状腺の異常が現れたり発がん性があるものもあったりと、体内に摂取するものですからそのような病気になる確率が非常に高くなってしまいます。

大事な猫ちゃんの病気のリスクを少しでも減らしたい場合は、人工の合成のものが使われているキャットフードはやめた方が良いですね!

ねこはぐはこんなキャットフード

良いキャットフードの特徴について記載しましたが、では上記を確認したうえでねこはぐはどんなキャットフードなのか、特徴を書いていこうと思います。

ねこはぐはこんなところがとても良いところなんですよ!

高たんぱくで肉食の猫ちゃんのことを考え、チキンを使用

商品名 ねこはぐ
内容量 1.5kg
価格 3,980円、クレジットカード決済で500円引き

ねこはぐは肉食の猫ちゃんのことを考え、高たんぱくなお肉を使用しています。

そのお肉もきちんと国産の若鶏を使用していて、使っている食材を伏せないできちんと公表しているものなんです!

また、チキンはヘルシーなので肥満防止にもなる食材になります。

思わず勢いよく沢山食べてしまっても、他のキャットフードに比べたら太りにくいキャットフードになっているんですよ。(もちろん限度はあるので、あまり食べさせすぎないように飼い主さんが注意しましょうね!)

ただしメインにチキンを使用しているので、今までのキャットフードがお魚主体だった子には、もしかしたら食べづらいものになるかもしれません。

人工の合成着色料などは一切不使用

ねこはぐは猫のことを考えて作られたキャットフードなので、人工の合成着色料などは一切使用していないんです。

色も香りも自然のままの物なので安心できますよね!

ただ人工の酸化剤が不使用なので、少しだけ傷みやすいというデメリットがあります。(人工酸化剤の代わりになる天然の酸化防止の物は入っていますが、どうしても人工の物より効果が弱まってしまいます。)

袋も小分けにされていないので酸化するのが心配な人は、ジップロックなどのチャック付きの小分け袋にフードを入れておくと良いでしょう。

すべて国産の物だけ作られている珍しいキャットフード

ねこはぐ以外の高いキャットフードとなると外国産のものが非常に多いですが、実はこのねこはぐはすべて国産で作られているものなんです。

これは非常に珍しくて、そもそもペットのことに関して日本はまだまだ遅れている国なのをご存知ですか?

先進国とはまだ言い難いので外国産の良質なキャットフードが多かったわけですが、日本ですべて作られている良質なキャットフードはとてもレアものになります。

しかし国内で作られているからか、若干値段がお高めですが…

定期コースで頼むと

・初回は3,000円引きの3,980円、2回目以降は1,000円引きの5,980円

・クレジットカード決済で500円off

・いつでも変更・中止・お休み可能

・送料・手数料無料

上記のように割引もしていますので、「高いから」と目をそらさないできちんとチェックしてみて下さいね!

モグニャンはこんなキャットフード

ねこはぐについて特徴などを記載してきましたが、次はモグニャンについて記載していこうと思います。

ねこはぐとはまた違った特徴があるので、モグニャンの特徴も見て比べてみて下さいね!

グレインフリーで猫ちゃんに安心

商品名 モグニャン
内容量 1.5kg
価格 3,564円

猫は穀物を上手に消化できないので、モグニャンはグレインフリーになっています。

穀物アレルギーの子でも安心して食べられるようにしているんですね。

もし穀物を食べて下痢なんてしてしまうと、水分補給の少ない猫ちゃんはすぐ脱水症状になってしまう可能性もあります。

あらゆるリスクを出来るだけ回避して作られたキャットフードが、このモグニャンなんですね。

人工の着色料、香料は不使用

ねこはぐにも書きましたが、モグニャンも人工の合成着色料などは不使用なんです。

使うと病気のリスクが上がりますからね。

猫のためを考えて作られたキャットフードなら、使われていないのがむしろ自然なぐらいになっています。

ただしこのモグニャンも人工の酸化剤を使用していないので、少しだけ傷みやすいというデメリットがあります。(モグニャンも人工の酸化剤の代わりに傷みにくくなるための食材などを使っていますが、効果が弱いです。)

小分けにされていないので酸化するのを防止したい場合は、ねこはぐと同じくジップロックなどの袋に小分けにして入れれば問題ないですよ!

お魚の香りでより食いつきよく!白身魚を使用

猫ちゃんは肉食だということを度々書いていましたが、モグニャンはお肉を使わずに代わりに白身魚を使用しています。

実は白身魚の方がたんぱく質が多く含まれているんです。

また魚の香りが猫ちゃんの食欲をそそるので、食いつきが良くなったりすることが多数報告されています。

ただお肉をメインに使ったキャットフードを食べ慣れている子だと、切り替えするときに少し苦労するかもしれません。

モグニャンはねこはぐと違って外国産のキャットフードなので、割引も含めると結構安く済むのが嬉しいところですね!

特典

・定期価格 1袋10%off 2袋15%off 6袋以上20%off

・3袋以上(1万円以上)で送料・代引き手数料が無料

・お届周期・個数を自由に選べる

・休止・再開はいつでもOK

・キャット用スクープをプレゼント

沢山買えば買うほど安くなるのは、フードを与える側としては嬉しいことです!

ねこはぐに比べると値段はかなり安いので、ずっと与え続けるのを考えたら、もしかしたらモグニャンの方が金銭的に安心できるのかもしれません。

まとめ

2つを比較しましたがいかがでしたでしょうか?

モグニャンにはモグニャンの良いところが、ねこはぐにはねこはぐの良いところがそれぞれあります。

猫ちゃんの好みや、飼い主さんのお財布の問題でどちらが良いのか決めるのが良いと思いますが、穀物不使用で値段が安く済むのを考えるとモグニャンの方がお買い求めしやすいのかもしれませんね。

猫ちゃんとよく相談してから、どちらが良いのか決めていきましょう!

素敵なキャットフードライフが訪れるよう、手助けが出来たのなら幸いです♪

この記事を書いている人 - WRITER -