猫の猫による猫のためのキャットフード選び

うちの猫がカナガンキャットフードを食べないのはなぜ?徹底調査してみました!

 
 
うちの猫がカナガンキャットフードを食べないのはなぜ?
この記事を書いている人 - WRITER -

せっかく高いご飯を買ってあげて猫ちゃんの健康を考えたのに、食べてくれないととてもがっかりしますよね。

特に高いものを買ったのに食べてくれないとなると、「勿体ないことをしたな」なんて思う飼い主さんが多いはず。

そんな「うちの子はなんで食べないの?」という飼い主さんの疑問に答えるために、今回はカナガンキャットフードに絞って、なぜ食べないのか、徹底調査していこうと思います!

猫ちゃんがカナガンキャットフードを食べない3つの理由

キャットフードを食べないことを「もしかして気に入らなかったのかな?」で済ませている飼い主さんも、いるのではないでしょうか。

確かに気に入らなかったから食べなかった、というのもあるかもしれません。

しかしその前に、もしかしたらこんな理由で猫ちゃんは、カナガンを食べようとしなかったのかもしれませんよ!

普段食べ慣れていたキャットフードが魚主体の物だった

カナガンキャットフードはチキンが主体のキャットフードですが、猫ちゃんが元々ずっと食べていたフードが魚主体のものだとしたら、もしかしたらカナガンはあまり慣れないので口を付けようとしてくれないかもしれません。

魚の味に慣れてしまっているので、お肉の味に違和感を覚える可能性が大きいです。

それにもし魚の味が気に入って食べていたのだとしたら、なかなかカナガンは食べてくれないかもしれませんね。

フードの切り替えのミス

キャットフードを新しいのに切り替える際に、飼い主さんは何かミスなどをしたりはしていませんか?

フードはただ切り替えればいいだけでなく、きちんと少しずつ慣らしていくのが重要になります。

いきなり新しいキャットフードをそのまま与えてしまうと、食べてくれない可能性がとても高いです。

なんと言っても今まで覚えていた味や匂いが急に変わってしまうわけですから、驚いて口を付けないのは当然と言えば当然のことになります。

ごはんだけに限らずに、いきなり新しいものを与えるのは控えた方が良いでしょう。

警戒心が強いため様子見をしている

猫ちゃんはとっても警戒心が強い動物です。

上記にも書いたようにいきなり新しいフードに切り替えたりしてしまうと、警戒してなかなか食べてくれません。

警戒心が強い分、慣れたものがいきなり変わったりしてしまうと、猫ちゃんにはとってもストレスになるんです。

あまりストレスをかけすぎると人間のように不調が出てきたりしてしまいますから、フードを与える際は慎重に気を付けて与えた方が良いでしょう。(ただし、猫ちゃんの性格などによっては負担にならない子もいると思いますので、全ての猫ちゃんが警戒心が強く、負担がかかりやすいというわけではありませんよ!)

少しでも食べやすくするにはこうすると良い!

猫ちゃんがカナガンのキャットフードを食べてくれないときは、少しでも食べやすくするために飼い主さんの手助けが必要になります。

下記で記載する方法を試してみて、様子見してみて下さいね。

もしかしたら食いついてくれなかった猫ちゃんが、食べてくれるようになるかもしれないですよ!

猫の好き嫌いを把握しておく

カナガンのキャットフードは先ほども記載した通り、チキンを主体で作られたキャットフードです。

魚を中心に食べていた子だとチキンに違和感を覚えて食べてくれない可能性があります。

そうならないためにも、おやつなどで猫ちゃんの好みをある程普度把握しておく必要がありますね。

もしくは1つのフードをずっと食べさせるのではなく、色んなフード与えて慣れさせておく、というのも1つの手かもしれませんよ!

フードは少しずつ切り替える

新しいフードに切り替える際はいきなり切り替えるのではなく、古いフードに新しいフードを少量ずつ混ぜながらゆっくり慣れさせる必要があります。

カナガンの公式サイトでもフードの切り替えはゆっくり行い、慣れさせることを推奨していますので、いきなり新しいフードをそのまま与えるのはやめた方が良いでしょう。

あまり負担をかけさせてしまうと、ストレスで体調を崩してしまうので、大事な猫ちゃんのために飼い主さんもゆっくり待つ必要がありますね。

警戒しているようだったらフードを砕いて新しいのに混ぜる

少しずつ切り替えても警戒して食べないようだったら、新しいキャットフードを砕いて食べ慣れたフードにふりかけると良いです。

固形物のまま食べるよりは、砕いて粉状にした方が猫ちゃんも食べやすくなりますからね。

そこから徐々に慣らしていって食べるようになったら、固形のまま今度は食べ慣れたフードに混ぜてみましょう。(この場合も少量だけ混ぜて下さいね。)

少しずつ慣らしていくと警戒心が強くて食べていなかった猫ちゃんも、きっと食べるようになりますよ!

食べない猫から食べる猫へ変えることが出来た人達の口コミ!

カナガンのフードを食べない猫ちゃんに対して対策などを記載していきましたが、では実際試した人たちはどうなんだろうかと気になりますよね。

本当に食べるようになったのか飼い主さん達の意見を一部まとめましたので、気になる人は要チェックですよ!

悪い口コミ

「食べないものは食べない」

『カナガンに変えてから食いつきが悪かったので、ネットで色々調べた方法を試しましたが、砕いても少しずつ混ぜてもやはり食べてくれませんでした。

うちの子の好みもあるので、チキン主体のキャットフードは嫌いなのかなぁと。

せっかく買ったのに勿体ないことをしてしまった…。』

ロシアンブルー(4歳半)の飼い主さん 40代男性

「砕いてあげたら少しはましになったけれど…」

『少量ずつ混ぜても食べてくれなかったので、ネットで見かけた通り今度は砕いてあげてみました。

混ぜるよりは興味を持って食べてくれましたが、やっぱりまだ警戒しているようで思うようには食べてくれません。

これで本当に食べるようになってくれるのかなと半信半疑です…。』

メインクーン(1歳)の飼い主さん 20代女性

猫ちゃんの好みに合わない可能性もあるので、フードの切り替えはとても大変なことだと思います。

飼い主さんの苦労、わかります。

キャットフードが猫ちゃんの体に馴染むまでには結構な時間を有するので、3・4週間ぐらいは大目に見てあげた方が良いでしょう。

また、猫ちゃん等のペットはとても飼い主さんの感情に敏感な生き物です。

飼い主さんが半信半疑で与えてしまうとその気持ちが猫ちゃんに伝わってしまうこともあるので、なるべく不安な気持ちなどは表に出さないようにしましょうね!

良い口コミ

「砕いてあげたらようやく食べてくれた」

『普段からそんなに好き嫌いをする子ではなかったので大丈夫かなと思っていたのですが、私が思う以上にうちの子は警戒心が強かったみたいです。

新しいフードに切り替えたらぱったりご飯を食べなくなってしまいました。

もちろん食べ慣れた方は問題なく食べるのですが、どうしたものかと悩んでいました。

ネットで砕いてあげると良いと見かけたので、食べ慣れたフードに砕いてあげてみたところ、やっと食べてくれました。

慣れさせるために辛抱強く続けたら、今はもうカナガンのキャットフードが大好きになったみたいです。

袋を開けただけで寄ってくるようになりました。』

エキゾチックショートヘアー(6歳)の飼い主さん 30代男性

「少しずつ混ぜていった」

『いきなりあげるのは良くないと知っていたので、フードが届いてからとりあえず少量だけ食べ慣れたフードに混ぜてみました。

これで食べなかったら砕いてあげようと思っていたのですが、匂いを嗅いだ後少し警戒しながらも食べてくれて、そのままちょっとずつ慣らしていきました。

猫の好みもあるので何とも言えませんが、飼い主の知識も結構重要だと思いました。』

マンチカン(2歳半)の飼い主さん 50代女性

新しいフードに切り替える際、公式サイトなどを見ると切り替え方の推奨方法も書いていたりするので、いきなり与えるのではなく事前のリサーチをしてみるのも結構重要ですね。

色々試しても食べない場合は猫ちゃんの好みではない可能性が高いので、そのまま続けて与えるのは控えた方が良いでしょう。

まとめ

キャットフードを切り替える際は飼い主さんが事前に切り替え方法をリサーチしておくのも重要なので、切り替える予定のある飼い主さんはよく調べてからにしてみましょうね。

いきなり与えると警戒心の強い猫ちゃんにはストレスになりかねませんので、あまり負担をかけたくない場合は飼い主さんの事前準備などが重要になってきます。

猫ちゃんに幸せなキャットフード生活をしてもらうためにも、色々リサーチしてみましょう♪

この記事を書いている人 - WRITER -