猫の猫による猫のためのキャットフード選び

カナガンはシニア猫に向いているキャットフード!その理由とは?

 
 
カナガンはシニア猫に向いているキャットフード!
この記事を書いている人 - WRITER -

ペットを飼って年数がたつと「この子はどれぐらい長く生きてくれるんだろう」と不安になりますよね。

特に可愛がれば可愛がるほど、シニアになった時にそういう不安は強くなっていきます。

可愛い我が子ですから、いつかは別れてしまうとしても出来れば長く長く、生きて欲しいというのが飼い主さんの本音で願いだと思います。

長生きしてもらうにはやはり日々の運動なども大事ですが、食事もとても大事なものですよね。

体が弱ってきますし、健康に長生きしてほしいなら危ないリスクのあるものは避けたくなると思います。

そんなシニア期の猫ちゃんにおすすめのキャットフード、カナガンについて今回は記載していこうと思いますので、気になっている人は要チェックしてくださいね!

シニア猫にとって重要なキャットフードの条件3選

シニアになった猫ちゃんは人間と同じで、若い時のように平気だったものが平気ではなくなってきます。

「昔はこれぐらい平気で食べれたのに…」というところで、歳をとったことを実感することも多いのではないでしょうか。

まずはシニアの猫ちゃんにとってどういうキャットフードがおすすめなのか、特徴を3つ厳選して書いていきますので、参考にしてみて下さいね!

キャットフードの粒の大きさは小粒が良い

シニアになると若い時に比べて、キャットフードが思うように食べられなくなってきます。

噛むのも辛くなってきますし、あまり大きい粒だと思うように噛めなくて丸呑みしてしまう可能性もあります。

小さい粒ならまだ丸呑みしてしまっても何とかなりますが、大きめの粒だと丸呑みしてしまうと危ないですよね。

なのでシニア期になった猫ちゃんには、キャットフードの粒は小さめの方が良いんです。

人工の合成酸化剤などを使っていないのが重要

市販の安いキャットフードだとよく使われていることが多いのですが、人口の合成酸化剤等を使っているキャットフードは避けた方が良いです。

これはシニア期に限らず、若いうちからなるべく合成のものを使っているキャットフードは、避けた方が健康のためにも安心できます。

合成のものを使っていると甲状腺の異常が出てきたり、発がん性のあるものだと病気になってしまう可能性があるからです。

若いうちからもそうですが「シニアになってからも病気で苦しんでほしくない!」という考えならば、このようなリスクがあるものは避けた方が良いでしょう。

穀物不使用でたんぱく質が豊富である

猫は肉食なので、穀物は上手に消化することが出来ません。

穀物が含まれていると消化が上手にできなくて、消化不良や嘔吐、下痢を引き起こしてしまうのです。

シニアになると、人間と同じように猫も消化器官などが弱って段々うまく機能しなくなってきます。

若いころは穀物使用のものを与えて平気だったとしても、シニアも同じとは限らないのです。

嘔吐を繰り返してしまうと脱水症になるかもしれませんし、シニア期の猫には辛いものがあります。

少しのことが命を縮めてしまう可能性があるので、特にシニア期の猫ちゃんは気を付けた方が良いですよ!

シニア期の猫に向いているキャットフード、それはカナガン!

そんなシニア期の猫におすすめなものが『カナガン』というキャットフード。

この『カナガン』はとことん猫のためを考えて作られているキャットフードなので、シニア期の猫が食べても安心な作りになっているんです。

厳選された食材だけを使っているので、体にとてもいいんですよ!

カナガンはグレインフリー(穀物不使用)

カナガンは猫のためを考えて作られたキャットフードなので、グレインフリー(穀物不使用)で作られています。

穀物が使われていないので、うまく消化できない猫ちゃんには安心して食べてもらうことが出来ますね。

しかも穀物の代わりに食物繊維の多いサツマイモを使用していて、穀物が食べられない猫ちゃんのために胃腸の働きを助ける他の食材を使用しているんです。

サツマイモは消化率が高くて、エネルギーに変換されるのもはやいので、シニア期の猫ちゃんも健康で元気にいられること間違いなしです!

粒の大きさは小さすぎず大きすぎず、程よい大きさ

カナガンのキャットフードの粒の大きさはあまり大きすぎず、かと言って小さすぎない、程よい粒になっています。

シニアの猫ちゃんにはあまり大きすぎても危険ですし、かといって小さすぎてもそれはそれで沢山丸呑みしてしまう可能性があるからとても危ないです。

その点カナガンは粒の大きさが不揃いながらも、大きすぎず小さすぎずの枠はきちんと守られています。

程よい大きさなのでシニアの猫ちゃんでも噛むのにちょうどいいですし、噛むというのはとても大事なことですからね。

きちんとシニアでも噛めるほどの大きさを保っているというのは、猫ちゃんを飼っている人にはすごく有り難いことなのではないかなと思います。

合成着色料・香料・酸化剤不使用の安心安全なキャットフード

カナガンは猫のためを考えて作られているキャットフードなので、合成のものは一切使われていません。

着色料も香料も酸化剤も使われていないので、猫ちゃんの体にとって悪いものが使われていないのです。

色も香りも自然のままのものなので、安心してくださいね!

酸化剤は人工の合成物の代わりに天然の酸化剤が使われていますが、合成の物より効果が薄いようです。

保存するときは酸化しないように気を付けてくださいね。

ジップロックなどに小分けにして保存するのがおすすめですよ♪

シニア期になってカナガンに変えてみた人達のご感想

シニア期になったことで、フードを切り替えてみようとカナガンに切り替えてみた人達の意見をまとめました。

一部のピックアップではありますが、カナガンの評価が気になる人はこの口コミは要確認するべき項目なので、じっくり見てみて下さいね!

悪い口コミ

「評判が良かったので変えてみたのですが…」

『カナガンの評判が良かったので、うちの猫がシニア期になっていたこともあり思い切って変えてみました。

問題なく食べていたので安心したのですが、カナガンに変えてから1週間後ぐらいに急に下痢をするようになりました。

シニアなこともあって心配になってすぐ病院へ連れて行ったところ、フードが合わないのかもしれないと言われました。

若いうちならまだ、じゃあフードを変えればいいかと思うのですが、やはりシニアなこともあってとても不安で心配になりました。』

エキゾチックショートヘアー(7歳半)の飼い主さん 50代女性

「カナガンの粒は少し大きめのような気も…」

『シニア期に突入したのでカナガンのキャットフードに変えました。

粒の大きさなどが気になったので、届いてすぐ袋を開けてチェックしてみたところ…ちょっと想像より大きかったような気がして首をかしげました。

猫に与えてみたら特に問題なく食べていたのですが、時折むせているような気がして少し心配です。

今はまだ様子見の段階ですね…。』

ロシアンブルー(7歳)の飼い主さん 30代男性

フードには猫ちゃんによって合う合わないなどがあり、またいきなり切り替えてしまうと猫にとってストレスになる場合もあります。

合わないなと思ったらすぐやめて、フードを切り替える際もゆっくり慣らしていくようにしましょう。

粒の大きさは穀物が入っていないため、どうしても不揃いになってしまいます。(しっかり形を作るための大本の穀物がないため。)

大きすぎる気がする、等の場合は少し砕いてあげてみるのも良いかもしれませんよ。

良い口コミ

「程よいフードの固さと大きさでシニアでも安心できます」

『フードの大きさと固さが、シニアが食べるのにちょうどいい大きさだと思います。

うちの子もシニア期に突入してからカナガンに変えましたが、美味しそうに食べていてとてもほっとしています。

体に良さそうなものも多く含まれているし、この美味しそうに食べる姿を長く見るためにも、カナガンに変えて正解だったなと思っています。』

ラグドール(8歳)の飼い主さん 60代男性

「長く生きてもらうために色々試行錯誤して迷った結果」

『シニアになってからうちの猫はとても長生きしている方で、10歳でもまだまだ元気に遊んだりするほど活発です。

けれど歳も歳だし、いつ弱っていなくなってしまうのかと、考えただけで悲しくなってきてしまいます…。

なるべくなら元気なうちは健康にいて欲しいと思い、色んなキャットフードを調べていたところ、このカナガンにたどり着きました。

以前よりも美味しそうにがっついていて、心なしか毛ツヤも良くなったような気がします。

長く生きられるように、これからも一生懸命愛情を注いで可愛がろうと思っています。』

マンチカン(10歳)の飼い主さん 20代女性

キャットフードは猫ちゃんに合いさえすれば、とても安心できますよね。

でも実際合うかどうかは、猫ちゃんに食べてみてもらってからでないと判断できませんし、なかなか難しいところだとは思います。

ですが実際あげてみてもし合えば、その後の猫ちゃんの健康も安心できます。

迷ってやらないよりはやってあげてみた方がきっと良いので、迷っている飼い主さんは是非シニア猫ちゃんの健康のために、一歩踏み出してみて下さい!

まとめ

カナガンはシニアに向いているのかどうかということを書いていきましたが、いかがでしたでしょうか。

元々カナガンは猫ちゃんのためを考えて作られたキャットフードなので、シニアの猫ちゃんに与えても何ら問題がないフードだというのはお分かりいただけたと思います。

あとは猫ちゃん自身に合うかどうかが重要になってきますので、普段の好き嫌いを観察してみたりすると失敗しなくていいかもしれませんね。

カナガンは猫ちゃんの健康を見守るために作られたキャットフードです。

カナガンで楽しいシニアライフを猫ちゃんにプレゼントしてあげましょう♪

この記事を書いている人 - WRITER -