猫の猫による猫のためのキャットフード選び

カナガンは低アレルギーのキャットフード!その実態を調査!

 
 
カナガンは低アレルギーのキャットフード!その実態を徹底調査!
この記事を書いている人 - WRITER -

アレルギーで特に一番気を遣うのって、おそらく食べ物ですよね?

食べ物に含まれるものによってアレルギー反応が出るわけですし、とても気を遣うものだと思います…。

こっちも負担をかけないように気を使わなければいけないし、アレルギーがある本人も色々と不便が多いはず。

特に猫ちゃんは言葉も通じませんから、飼い主さんが様子を見て「なんか変だな」というのをくみ取ってあげなければいけません。

今回はそんな飼い主さんのために、カナガンは低アレルギーのフードでアレルギーになりにくいということを、きちんとご説明していこうと思います!

猫ちゃんのアレルギーでご飯に困っている人は要チェックですよ!

猫がアレルギーになったときに出る症状とは?

猫ちゃんがアレルギーになった時に出る症状って、どんなものがあるかご存知ですか?

ざっくり分けると、アレルギ-になった時に出やすい症状は2種類あるんです。

もし「最近こんな様子あったかも?」というのがあったらアレルギーかもしれないので、猫ちゃんの様子を細かくチェックして疑っておきましょうね!

痒がるようになってしまう

痒みを伴うアレルギーは主にノミやダニ、ハウスダストのせいでなるものです。

花粉のせいでなることもあるので、春先にこのような症状が出ることが多く、注意が必要になります。

飼い主さんもなにか呼吸器などに違和感を覚えたらアレルギーの可能性が高いので、注意が必要ですね。

しかしノミやダニのアレルギーの多くはブラッシングによって気付けることが多いので、こまめにブラッシングをしてあげるようにしましょう♪

下痢をしやすくなる

「そういえば最近下痢をすることが増えたかも…」そう思った飼い主さんのあなた、もしかしたらそれはアレルギーのせいかもしれませんよ!

特に下痢を伴うアレルギーの症状は、食べ物のせいでなる場合が多いです。

「最近下痢が増えて、毎日のようにしているかもしれない…」そう思った人は今一度、猫ちゃんに与えている食べ物を見直した方が良いのかもしれません。

もしかしたらアレルギーになりやすい食べ物を摂取していて、アレルギー反応を起こしているのかも知れませんよ。

猫がアレルギーになりやすい食べ物3つピックアップ

特に今回は食べ物のアレルギーについてお話していくので、猫ちゃんがアレルギーになりやすい原因の食材を3つご紹介していこうと思います。

今与えている食べ物に下記の食材が入っていないか、一度よくチェックしてみて下さいね!

トウモロコシや穀物類

トウモロコシや穀物類はアレルギー反応が出やすい食材になります。

人間でもよく小麦粉でアレルギーを起こす人がいますが、それと全く同じですね。

特に穀物類なんかはキャットフードに使われていることが非常に多い食材になります。

猫にとって穀物は上手に消化が出来ない食べ物でもあるので、それでアレルギー反応を起こして下痢をしてしまうんです。

穀物が入ったフードで最近下痢が多い子は、フードを変えた方が良いのかもしれません。

卵もアレルギー反応を起こす猫ちゃんが非常に多く、キャットフードに使われていることもあるので、下痢を伴うアレルギーになってしまう可能性があります。

猫ちゃんを飼っている人は袋の成分表などをしっかり確認して、卵が使われていないか確認した方が良いでしょう。

ただし小麦ほど使われていることは少ないと思いますので、一番重要なのは小麦が使われていないかどうかになると思います。

猫ちゃんみんながアレルギーになるわけではありませんが、何が使われているかは最低限飼い主として知っておいた方が良いですね。

牛肉やチキン

キャットフードにはお肉類が使われていることがとても多いのはご存知でしょうか?

なぜなら猫は、元々肉食動物でお肉を食べるのを好むからです。

肉食動物のせいもあって穀物類が消化しにくいんですが、お肉類はむしろ消化がしやすい食材になります。

「肉食動物ならお肉と相性がいいんじゃないの?本当にお肉でアレルギーになるの?」

こう思う人がいても仕方がないことだと思います。

しかしアレルギーは猫ちゃんの個体差のせいでもあるので、肉食だからと言って必ずしも肉には何の反応もないとは限らないのです。

それでも、お肉でアレルギーを起こす子はなかなか珍しいので、肉類でアレルギー反応を起こしている子はお肉類が使われているキャットフードは避けた方が良いでしょう。

カナガンは低アレルギーで猫に優しい

そんな猫ちゃんのアレルギーで悩む人におすすめなのが、カナガンのキャットフード。

カナガンはイギリスで作られているキャットフードで、厳選された食材だけを使って作られている、猫のためを考えた安心安全なキャットフードなんです。

ペットの事ならむしろ外国の方が進んでいるので、とても安心できるキャットフードなんですよ!

低アレルギーとは

そもそも何度か出てきているワードですが、『低アレルギー』って何かご存知ですか?

『低アレルギー』とは「アレルギーにならないご飯」という意味ではなく「アレルギーになりにくいご飯」という意味なんです。

つまり、カナガンを食べていたら必ずアレルギーにならない!というわけではないんですね。

どのフードにも言えることではありますが、同じものを摂取し続けていると自ずとアレルギーになってしまう可能性があります。

カナガンはそんなアレルギーになる可能性を少しでも減らしている、『低アレルギー』のキャットフードなんです。

グレインフリー(穀物不使用)で安心

上記でアレルギーになる原因として穀物が含まれているとアレルギーになりやすいことを記載しましたが、実はこのカナガンはグレインフリー(穀物不使用)で作られているキャットフードなんです!

つまり穀物を使っていないので、穀物でアレルギー反応を起こすということがないんです。

これは穀物アレルギーの子にはとても嬉しいことなのではないでしょうか。

しかもアレルギーの子じゃなくても上記に記した通り、猫は穀物をうまく消化できない体になっています。

上手に消化ができないせいで嘔吐や下痢なんかも引き起こしてしまい、猫に穀物は合わない食材なんです。

アレルギー持ちの子じゃなくてもグレインフリーのキャットフードはとても嬉しいことなのではないでしょうか?

チキンを使用しているのでチキンアレルギーの子は要注意!

カナガンは肉類を中心に作られているキャットフードですが、特にチキンを中心にして作られているキャットフードなんです。

猫はチキンが大好物ですが、上記でアレルギーになる原因の食物についてチキンをあげさせて頂きました。

チキンはアレルギーの原因になる一つなので、元々チキンアレルギーの子にはカナガンは避けてあげた方が良いです。

チキンアレルギーでない子なら食べても問題ないですが、不安な人は食べ終わった後を観察したり、何日間かはきちんと便の様子を覚えておくなどした方が安心できるかと思います。

ご飯を食べた直後に痒がったりし始めたらアレルギーの兆候が見られるので、猫ちゃんの様子は常にしっかり確認しておきましょうね!

まとめ

カナガンのアレルギーについてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。

カナガンは低アレルギーで、猫に優しい作りになっているキャットフードです。

アレルギーになりにくいキャットフードなので、「これからアレルギーが発症してしまったらどうしよう…」と心配な人には向いているキャットフードと言えますね。

少しでもリスクを減らしたい人には向いているフードなので、そういう飼い主さんにはとてもおすすめですよ!

猫ちゃんがキャットフードライフを楽しめるように見守っています♪

この記事を書いている人 - WRITER -