猫の猫による猫のためのキャットフード選び

腎臓病予防のためのキャットフードに切り替えるには今しかない!

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

水を飲む頻度が増えた

  • 痩せた
  • 毛ヅヤが悪い
  • ご飯を食べなくなった
  • おしっこが匂わなくなった

などの症状が現れたらあなたの猫ちゃんは腎臓を弱らせている可能性があります。

特に猫は年を重ねるにつれ腎臓の機能が低下して「慢性腎不全」に繋がり、最悪、死に至る可能性だってあるんです。

こんな最悪の事態を防ぐために、改めて日頃みなさんが与えているキャットフードを見直して、腎臓ケアが出来るキャットフードに手遅れになる前に切り替えましょう。

猫がかかる腎臓病って?

そもそも腎臓が弱っていくとどんな病気のリスクがあるのでしょうか。

老猫を飼っている方は注意してご覧ください。

慢性腎臓病と急性腎臓病

腎臓病には老化によって徐々に腎臓機能が低下する慢性腎臓病と、急激な腎臓機能の低下によって起こる急性腎臓の2通りに分かれます。

このうち猫がなりやすいのは慢性腎臓病です。そして慢性腎臓病は症状が進行すると完全に腎臓機能が失われてしまう「慢性腎不全」になります。

こうなってしまうと残念ながら生存は困難で、こうならないために日ごろの健康的な餌の与え方が大切になるんです。

腎臓ケアのキャットフードの基準

次に腎臓に負担をかけないキャットフードの基準をお伝えします。

もしかしたら今与えているキャットフードがあなたの大切な猫の肝臓を傷めている原因かもしれませんよ。

4Dミートは絶対避ける!

4Dミートとは以下の肉の略称です。

  • 「Dead=死んでいる」
  • 「Dying=死にかけ」
  • 「Diseased=病気持ち」
  • 「Disabled=障害持ち」

もっと詳しく言うと4Dミートとは普通なら廃棄される「くず肉、内臓や骨粉」をすり潰して加工した肉の事です。

このような肉は非常に質が悪く、体内に取り込むと老廃物を大量に発生させます。そうなると腎臓はおろか、体中に害を及ぼすんです。

さらに4Dミートの質(たち)の悪いのが直ちに悪影響を与えるわけではないところで、段々蓄積されることで腎臓などを弱らせていきます。

ですからなんと私たちが良く知るような市販のキャットフードにも「~ミール」や「家禽副産物」という表記で平気で含まれているんです。

この事実をした今、4Dミートが含まれる安物のキャットフードはやめ、安全で質のいいキャットフードを愛する猫に食べさせてあげましょう。

無添加のキャットフードを選ぶ

腎臓を負担を考えるのなら無添加のキャットフードも絶対条件になります。

特に気を付けたいのが商品を長持ちさせる目的で使われている酸化防止剤です。酸化防止剤は猫にとって体に悪く、発ガン性を高め、腸の障害を起こし、成長を抑制するなど様々な健康被害を引き起こす可能性があります。もちろん腎臓にもダメージが蓄積していきます。

ですからキャットフードを選ぶ際は無添加表記されたものから選ぶようにしましょう。

塩分控えめのキャットフードを選ぶ

猫も人間も塩分の摂りすぎは体に良くありません。特に塩分は腎臓への負担が大変大きいんです。

なぜなら動物は体内の塩分濃度が一定に保たれており、それ以上の塩分が摂取されると薄めようと大量の水を飲み、大量のおしっこをします。

このようにいつも以上に腎臓を働かせて、負担をかけることになるんです。

ですからキャットフードを選ぶ際も、適度な塩分量を考えて作られた健康的なものを選ぶ必要があります。

オメガ3脂肪酸を含むキャットフードを選ぶ

最後にご紹介したい腎臓ケアのキャットフードの基準が、オメガ3脂肪酸を含んでいるかどうかです。

オメガ3脂肪酸とは近年注目されだした生物にとって大変重要な成分で、以下の効果を持っています。

  • 腎臓病予防
  • コレステロールを下げる
  • 血液をサラサラにする
  • 動脈硬化を遅らせる

どれも猫にとっても大切な要素であり、そして何より腎臓病予防の効果まで科学的に認められているんです。

血液をサラサラにして腎臓の負担を軽減してくれるのが最大のメリットですね。

ぜひキャットフード選びの際はオメガ3脂肪酸が含まれてるか注目してみてはいかがでしょうか。

腎臓を健康にするキャットフード

腎臓を日頃からケアしてくれる安全で健康的なキャットフードをご紹介します。今現在、腎臓に問題を抱えている猫ちゃんには特におすすめしたいキャットフードです。

1位 カナガン

商品名 カナガン(CANAGAN)
内容量 1.5kg
価格 3,960円(通常価格)

3,564円(定期便)

※3個以上購入で送料無料&最大20%オフ

商品の特徴 ★チキン60%配合で飛びつく美味さ

★子猫からシニアまで対応

★添加物、穀物不使用で健康的

カナガンはイギリス産の安全・高品質の高級キャットフードです。

実際、キャットフードは日本よりもイギリスのほうがずっと安全技術や基準が発達していて、健康的なペットフードを買うなら国産よりもイギリス産というのは常識となっています。

商品の特徴は、まず大事なエネルギー源となる動物性タンパク質である鶏肉が豊富に配合されている点です。

また腎臓病予防をしてくれるオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸も配合されているのも高評価です。

2位 モグニャン

商品名 モグニャン
内容量 1.5kg
価格 3,960円(通常価格)

3,564円(定期便)

※3個以上購入で送料無料&最大20%オフ

商品の特徴 ★白身魚63%配合で魚好きにたまらない

★サーモンオイルでおいしそうな香りづけ

★添加物、穀物不使用で健康的

続いて紹介するのが同じくイギリス産のキャットフード「モグニャン」です。

モグニャンは白身魚をメイン原材料に使っていて、タンパク質:30%と腎臓が弱い猫でもちょうどいいタンパク質の割合となっています。

また食欲が低下した猫でも食いつくようにサーモンオイルで香りづけをするなどの工夫もされています。

3位 シンプリー

商品名 シンプリー
内容量 1.5kg
価格 3,960円(通常価格)

3,564円(2回目以降)

※3個以上購入で送料無料&最大20%オフ

商品の特徴 ★白身魚73%を配合で高タンパク

★サーモンスープで食欲Up!

★添加物、穀物不使用で健康的

最後に紹介するのがシンプリーです。シンプリーは動物栄養学者の監修のもと作られたキャットフードで猫の健康面を一番に考えて作られています。

例えば尿路結石のケアするキナ酸、毛玉排出をサポートするオリゴ糖を配合し、腎臓病を予防するオメガ3脂肪酸もしっかりとることが出来ますよ。

まとめ

腎臓病は本当に猫に多い病気で、病気のサインに気づかずに腎臓が悪化し続けると最悪、一生の別れとなってしまいます。

そんなことにならないためにもキャットフードで猫の健康を日頃からケアしてあげることが大切なのです。

もし今まで市販の数百円のキャットフードを与えていた方がいましたら今一度、腎臓に負担をかけるものが使われていないか原材料を確認してみましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -